KMLファイル提供サイト

衛星画像

Landsat8 直接受信・即自公開サービス

ランドサット8号は、アメリカ航空宇宙局(NASA)アメリカ地質調査所(USGS)などが運用している 地球観測衛星ランドサットシリーズの最新の衛星です。 2013年11月22日より、産総研GEOGridでLandsat8 直接受信・即時公開サービスがスタートしました。 撮影から1時間半以内に画像配信が可能なシステムとなっており、直近の衛星画像を無償で利用することが可能です。

Landsat-8 直接受信・即自公開サービス


使い方

マニュアル

This Application can display KML files of Landsat8 images provided by National Institute of Industrial Science and Technology (AIST). Here is displaying and comparing procedure of KML files. We use images of Nishino-Shima, a new born island of Ogasawara, as examples.

1. Install this application “SatMViewer” on your iPhone/iPad.

fig.1

2. Access to the Landsat8 data providing site (http://mobile-ogccsw.rhcloud.com/) from your iPhone/iPad. (#1)

fig.2

3. Click “Conditions”,type ‘10504120’ in the uid column, set the Start date on May 1, 2013 and set the Cloud Cover as 30. (#2)

fig.3

4. Click “Results” and search the image on August 21, 2014 by scrolling. (#3)

fig.4

5. Click the “KML” of the image and click ‘Open in “SatMViewer”’. (#4)

fig.5

6. Select “top-layer” on SatMViewer. (#5) “LC81050412014233KUJ00.kml”is displayed in the Local file column of top-layer. (#6)

fig.6

7. Click “Map” and enlarge the image by swiping on screen. You can find a volcanic smoke of Nishino-Shima at a bit lower than center of the image. (#7)

fig.7

8. Re-access to the Landsat8 data providing site and select the image on March 1, 2015 for under-layer in a similar procedure. “LC81050412015060KUJ00.kml”is displayed in the Local file column of under-layer. (#8)

fig.8

9. Click Map and enlarge image of Nishino-Shima. (#9)

fig.9

10.Move a white button on lower side to the left. The under-layer image becomes visible instead of the top-layer image. (#10) You can recognize the differences in a half year.

fig.10

11.You can set place on Map for searching satellite images on the Lansat8 data providing site instead of tying uid number on Conditions. Before setting place, you should bring upper button to the right and change back color to green. (11#)

fig.11

iOSアプリを利用して小笠原西之島の変化を見る方法

産業技術総合研究所が提供しているLandsat8直接受信・即時公開サービスのモバイル用サイトへアクセスしていただくと、日本を中心とした地図が表示されます。 ここで「Conditions」をクリックし、検索条件設定画面に行き、一番上のuidのところに「10504120」(西之島を含むシーンの番号)を入力します。

検索対象開始日(Start)は、2013-05-01、雲量(Cloud Cover)は30%に設定してみて下さい。「Results」をクリックすると衛星画像がリスト形式で表示されますので、 その中から2014年8月21日の画像を探していただき、KMLのところをクリックして下さい。

利用するアプリを選択する画面になりますので、「次の方法で開く」、「SatMViewer」を選択して下さい。すると「SatMViewr」が開き「上/下」を選択する画面になります。 ここで「上」を選択して下さい。左上のMapを選択すると、衛星画像が表示されます。画像真中あたりの西にたなびく筋が西之島の噴煙です。拡大して確認してみて下さい。



Landsat-8が撮影した2014年8月21日の西之島

同様の手順で2015年3月1日の画像を「下」に入れていただいた上でMap画面の下のスライダーを左に動かしますと、「上」の画像が透明になり、 この半年あまりで西之島が更に大きくなっていることを確認できます。



Landsat-8が撮影した2015年3月1日の西之島